中島真弓は企業と契約をしているプロゴルファー

中島真弓選手は、2001年に73期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロとしての道を歩むことになりました。
1976年に長野県で生まれ、早稲田大学教育学部を卒業しています。
ゴルフは10歳の頃から行っており、25歳にプロとなりました。
デビュー当時からルックスが良いということで大いに話題となり、ツアー観客数が向上した功績者ということも言われるほどです。

所属はフリーで、契約している企業がボールがダンロップとなっています。
2014年現在では、QTランキングは68位の立ち場です。

スポーツ歴はスキーをしており、バランス感覚はここで身につきました。
主な戦歴としては、2007年トーシン・アセットレディースカップ、2012年のANA PRINCESSCUPで優勝を飾っています。

それら以外では、2008年に廣済堂レディスゴルフカップで2位、カゴメフィランソロピーLPGAプレイヤーズチャンピオンシップで8位、クリスタルガイザーレディスゴルフトーナメントゴールデンスペシャルで12位となっており、2003年にはSANKYOレディースオープンで4位タイとなっています。

常に努力を続けることをモットーとしており、苦しいときにこそチャンスがあると自分に言い聞かせていました。

それが結果に繋がっていることを本人が一番わかっており、今後が期待されている選手の一人です。
生涯獲得賞金は4600万円を超えており、全体では239位という成績になっています。

自身最高は2008年の1500万円で賞金ランキングは53位です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ