独特なスイングで人気を博す永井奈都は、かつて女子大生ゴルファーとも呼ばれた

永井奈都は日本の女子プロゴルファーです。
1981年生まれ、京都府出身で、身長は162cm、血液型はO型です。
9歳の頃から父親に教わってゴルフを始めており、立命館宇治高等学校・立命館大学経営学部を卒業していて、在学中にプロテストに合格しました。
そのため、現役女子大生プロゴルファーとして話題となります。

また彼女は強運ももっていて、2007年からの5年間でホールインワンを5回も達成しています。
一年に一度のペースというのは、異例のことです。

デビューから着々と成績を伸ばしていって、2009年には賞金ランキングで49位となり、初のシード権を獲得することとなり、トッププロへの第一歩を踏み出します。

2011年からは、新大阪ゴルフクラブに所属するようになって、その年の樋口久子森永製菓ウイダーレディスでは2日目に首位に立ち、念願の優勝も間近に思われましたが、結果的には調子を崩してしまって6位でした。

また彼女の特徴は独特なスイングにあって、極端な縦ぶりをすることからお祓い打法とも呼ばれています。
もちろん素人がこれを真似して結果を出すことは難しいでしょうが、彼女はこのスイングでいい成績を残しています。

またプレー中や、その他の仕草がとても愛らしいと評判になってファンも多いです
2012年にはマンシングウェアレディース東海クラシックで、最終日に見事逆転をして自身初の優勝を遂げました。

またその年の賞金ランキングは30位となっていて、今のところこれが最高位です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ