轟悦子はティーチングプロとして活躍をしている

轟悦子は、2006年に日本女子プロゴルフ協会に入会し、ティーチングのプロとしての活動をスタートさせることになりました。
1964年に大阪府で生まれ、同志社大学を中退しています。
趣味として21歳からゴルフをスタートさせ、そのスポーツの魅力に常に取り付かれていました。

それから、20年以上が経過した42歳の時にティーチングプロとしてデビューしたのですから、長年の努力の結果が実ったことになります。
ティーチングプロフェッショナル資格A級を保持していますので、レッスンを通じてゴルフの魅力や素晴らしさを常に多くの人に伝えています。

所属は春日台カントリークラブで、契約している企業はありません。
轟悦子プロはトーナメントに参加はしません。

技術力という面ではどうしても、トーナメントに参加する選手には勝てないからです。
そうではなく、一般やジュニア向けに自分が出来ることをしたいという意志から、指導という道を歩むことになったのです。

それにしても、一般からジュニアと幅広い年齢層を指導することは並大抵の技術では不可能です。
年齢に応じて教え方は大きく変わってきますので、慣れがないととても難しいのです。

それをいとも簡単に、轟悦子プロはしてきますから周囲は驚いています。
指導力に関しても一定の評価を得ていることもあり、レッスン生からの信頼も厚いです。

今後は、より一層ゴルフというスポーツの魅力を多くの人が感じられるように努力をしていくとのことです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ