辻栄子はティーチングプロフェッショナルの資格を持っている

辻栄子選手は、1983年に43期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロになりました。
1959年に京都府で生まれ、梅花女子大学を中退しています。
ゴルフ歴は17歳からスタートし、24歳にはプロとして活躍するようになったことから、その運動神経の高さには誰もが驚きを隠せなかったといいます。
所属はフリーで、契約している企業はありません。

ホールインワンを生涯で4回獲得しているなど、安定感のあるショットに定評があります。
現在は、ティーチングプロフェッショナル資格A級を保持しているので、レッスンを通じて一般の人向けの指導をしています。

主な戦歴としては、1983年のミズノプロ新人で優勝、東北クイーンズで38位、西海国立公園女子オープンゴルフトーナメントで33位タイ、いすゞレディースカップトーナメントで22位タイとなっています。

また1985年には東鳩レディスゴルフトーナメントで20位タイ、いすゞレディースカップトーナメントで21位タイ、富士通レディースで38位タイになるなどの大活躍をデビューしてすぐに果たし、存在感の高さを見せ付けていました。

デビューした1983年から新人の中で優勝するなど実力を発揮したこともあり、57万円の賞金を獲得しています。
自身最高は1985年の139万円であり、それ以降はめっきりと賞金を獲得できる機会が減ってしまいました。

1994年にトーナメントに出場したのを最後に、第一線を退き、冒頭でも記述したように、ティーチングプロとしてレッスンを通じてゴルフの発展を切に願い活動を続けています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ