田村かず代はレッスンを通してゴルフの素晴らしさを伝えている

田村かず代選手は、1972年に9期生として日本女子プロゴルフ協会に入会しました。
1949年に群馬県で生まれており、PL学園高等学校を卒業しています。
23歳でプロ入りしたのですが、その当時にしてみればかなり若くしてプロとして活躍していたことになり、メディアなどから注目される存在でもありました。

所属はフリーであり、契約しているメーカーはありません。
現在はレッスンを開いて、経験を武器にしてゴルフ指導をメインに活動をしております。

主な戦歴としては、1977年にミヤギテレビ杯女子オープンゴルフトーナメントで2位、三田レークサイド女子プロで3位タイ、北陸クイーンズゴルフカップで4位タイ、いすゞレディースカップトーナメントで5位タイ、1983年には富士通クイーンズカップゴルフトーナメントで4位タイ、1979年に、諏訪湖女子オープンで4位タイという輝かしい成績を収めています。

これらを見るとわかるとおり、全てにおいてトップ5位圏内に入っており、いずれも健闘していることが窺えます。
1972年にプロデビューした翌年から、賞金を獲得するなど調子はうなぎのぼりになっていきました。

そのなかでも、特筆すべきは1977年です。
この年は400万円以上を稼ぎ、全体で11位という賞金獲得順位となっています。

この当時は現在の5倍ほどの価値がありましたから、現在でいうところの2,000万円近くは貰っていたことになるので、それを考えると素晴らしい選手であったことが理解できます。

デビューしてから20年近くも、トーナメントに出場するなど息の長い選手でもありました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ