田上美千子は日本ゴルフ協会に所属するゴルファー

田上美千子選手は、日本ゴルフ協会に所属するプロとして知られています。
現在は、第一線からは退いており、後輩の育成など裏方での仕事をする一方で、ゴルフの素晴らしさを世間に広めるような活動を精力的に行っており、その仕事に対する熱意は高く、支持は多いということです。
1954年に生まれ、プロとしてデビューしてから「攻めの美千子」として恐れられる存在になりました。

所属はビックワンカントリークラブであり、日夜様々な人に教えています。
主な戦歴は、1988年に日本女子オープンゴルフ選手権競技で94位タイ、1990年の同大会で94位タイという成績を残しています。

それ以降も活躍が期待されていましたが、ストロークが安定しないこともあり、スコアを伸ばすことが出来ずに、不甲斐ない結果に終わる大会が多くありました。

賞金も1990年以降は獲得することができずに、そのまま第一線を退くようになりました。
限界を感じたのと同時に、ケガで長年苦しんだということも影響しています。

トーナメントなどに出場しない代わりに、今まで経験したことを一般の人やジュニア向けにレッスンを通して指導することに全力を挙げて、取り組むことにしました。

その理由は、益々レベルが高くなる日本のゴルフ界に、少しでも新しい旋風を巻き起こしてくれることを願っていたのです。
それがモチベーション高く、活動に取り組ませる結果にもなりました。

練習生は皆、田上美千子選手の教え方が上手だと尊敬しています。
それだけ教える側の才能があるということです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ