谷河枝里子は若手のプロゴルファーとして知られている

谷河枝里子選手は、2013年に85期生として、日本女子プロゴルフ協会に入会しました。
1988年に大阪で生まれ、大阪学院大学高等学校を卒業しています。
14歳からゴルフを始め、25歳でプロに入りました。
プロになる前から、アマチュアとしてトーナメントに参加しており、メディアから注目を集めるようになりました。

その後デビューしてから精力的に大会に参加しており、着実に力をつけてきていますので、今後が非常に楽しみな有力な選手として、人気になりつつあります。

主な戦歴としては、まだデビューして浅いということもありますので、2014年のSTEPUPnoエディオンレディースカップで優勝したことがあるのみです。
しかし、デビュー2年目で早速優勝を手にすることは、中々できることではありませんから、メディアの間では人気を得るようになりました。

ゴルフに関しては常に前向きに捉えており、試合でミスをしてしまっても、それを次に活かすことができるほど精神力が強く、試合数を重ねるごとに少しずつ上手になってきているようです。

2011年からリーグに参加していますが、賞金を獲得することができていませんでした。
2014年になり、200万円近い賞金を獲得しています。

鳴尾GCに所属しており、契約している企業はありません。

最近は若手がものすごい勢いで成長してきていることもあり、谷河枝里子選手もその中で切磋琢磨しながら、しっかりと自分のゴルフをすることができています。

これは非常に良い経験をしていることでもあり、注目されている証でもあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ