田中美江子はティーチングプロとして活躍しているゴルファー

田中美江子は、2011年に日本女子プロゴルフ協会にティーチングプロとして入会しました。
トーナメントなどの大会には参加しませんが、ゴルフに関して幅広い知識と抜群の技術を持っていることから、コーチとして後輩の育成や、一般向けのゴルフ講座などを実施し、ゴルフの魅力を多くの人に知ってもらうような取り組みをしています。
1972年に愛知県で生まれ、日本女子ゴルフ専門学校を卒業しています。

さなげCCに所属しており、日夜指導に励んでいます。
ティーチングプロは、実力はあるのですが、トーナメントに参加するほどの能力は持ち合わせていない人が集まります。

ですがここで大事なのが、「教える能力が秀でていることが条件」というところです。
ティーチングプロはまさしく指導を的確に、そして確実に行うことができるのかどうかという点が、かなり重要な意味を持っています。

田中美江子は、現在愛知県でレッスンをしており、アコーディアガーデン瀬戸とさなけカントリークラブの2つの場所で指導をしています。

通常は、一般向けとジュニアのみを対象にするティーチングプロが多いなかで、田中美江子はシニア向けに指導をしています。
シニア向けは自分よりも年配になり、身体の動かし方などを工夫しないと、すぐに身体を痛めてしまう可能性があります。

そのため安易な気持ちで教えることができないことから、日本ではシニアを教えるプロは少ないと言われています。

その中でも教える実力は天下一品であるとの声がある彼女ならば、教えることができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ