田中妙子はティーチングプロフェッショナルとして活躍中

田中妙子選手は、1996年に68期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロの道を進むことになりました。
1973年に埼玉県で生まれ、専修大学を卒業しています。
所属はフリーで、契約しているメーカーは特にはありません。
16歳からゴルフを始めており、23歳の時にプロテストに合格しています。

そこまでゴルフ歴がある訳ではないのに、プロになれたということで、その当時は注目されていました。
現在は、ティーチングプロフェッショナルA級を持っていますので、後輩の指導や一般向けレッスンなどをしています。

1996年からプロとしてデビューしましたが、プロの洗礼を受けるような形になってしまい、予選落ちをしてしまう試合が多くありました。
1997年は大会には出場したものの、天候や調子が悪いことが影響してか、賞金を獲得することができずに、その年は終了しました。

当然本人にとってふがいない数字であることは確かですから、今後の競技に影響が及ぶかもしれないという危機感を感じていました。
そして猛練習がスタートします。自分が不得意としているパターを入念に練習し、克服していきました。

そして翌年の1998年は本人の仕上がりが上々であり、良い記録がでる環境は整いました。
ですが、その年も練習では出来ていたことが、本番になるとどうしても出来なくなってしまい、成果を得られなかったのです。

その後は、主な大会に出ることはなくなり、第一線からは退いています。
主に一般向けにゴルフ指導をしており、その指導力の高さには定評があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ