竹村真琴は美人過ぎるプロゴルファーとして人気となった

竹村真琴選手は、2009年に81期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロになりました。
1990年に大阪府で生まれ、つくば開成高等学校を卒業しています。
小学生時代からゴルフを始めており、その才能はすぐに開花することになりました。

2001年と2002年には関西小学生ゴルフ選手権を連覇して、メディア等に注目されるようになりました。
その後2004年には、全国中学校ゴルフ選手権大会・第30回関西ジュニア選手権大会で優勝を飾ります。

2005年には日本ジュニアゴルフ選手権競技と呼ばれる、日本最高峰の大会の12歳~14歳の部で優勝を飾ります。

2005年からはプロリーグにも積極的に参加し、スタジオアリス女子オープン、シャトレーゼクィーンズカップでローアマチュアになるなどの活躍を見せて、将来を嘱望されるようになりました。

2008年にはアマチュアながら、meijiチョコレートカップでは総合12位に入る健闘を見せ、メディアがこぞって「美人すぎるプロゴルファー」として注目するようになりました。

翌年の2009年にはプロテストを1発で合格し、早速プロとしてデビューを果たすことになります。
2009年にマンシングウェア東海クラシックでプロ初参戦を果たしましたが、予選落ちの結果に終わりました。

ルックスが良く人気が高いということもあり、ゴルフメーカーはこぞって契約を結びたいと考えています。

現在はクラブとボールはゴルフメーカーとして人気が高いテーラーメイドを、ウェアはデサント、シューズはアディダスを選択しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ