滝川知子は様々な会社と契約を結んでいるプロゴルファー

滝川知子選手は、1976年に21期生として日本女子プロゴルフ協会に入会しプロになりました。
1951年に神奈川県に生まれ、東京にある山脇女子短期大学を卒業しています。
24歳からゴルフを始めて、僅か1年後にはプロの世界に参入したことから、当時は恐れられている存在でした。

現在は、ティーチングプロフェッショナル資格A級を獲得していることから、後輩の育成に力を入れていると共に、一般の人へもアドバイス程度に教えており裏方へ回っています。

ビッグゴルフ北川に所属しており、クラブがトミー・アーマ、ボールはキャスコと契約を結んでいます。
それだけ認められたプロであることが理解できます。

デビューした翌年の1977年には、さっそくトーナメントに出場して賞金を獲得しています。

まだまだゴルフを始めて間もないのにも関らず、成績を残すというとんでもない記録をたたき出すことになり、世間や女子プロ世界の間で話題沸騰となりました。

翌年も注目されていましたが、全ての大会で予選敗退に終わりました。

主な戦歴は、1980年のミヤギテレビ杯女子オープンゴルフトーナメントで23位タイ、1982年の北陸クイーンズゴルフカップでは38位タイ、1979年富士平原女子オープンでは39位タイなどの成績を収めています。

生涯獲得賞金は100万円を超えており、全体で676位という結果です。
途中までは成績はまずまずだったのですが、1984年からはケガなどに苦しみ、ツアープロとして活躍することが難しくなってしまったようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ