高村亜紀は国内優勝10回を数えるトッププロゴルファー

高村亜紀選手は、1992年に64期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロデビューを果たしました。
1972年に熊本県で生まれ、熊本中央女子高等学校を卒業しています。
熊本や鹿児島などはゴルフ強豪高校が多いだけでなく、練習場所が確保されているなどの環境面の良さから、強い選手を多く輩出している地域として知られており、高村亜紀選手もその環境の中、才能を開花させプロの世界へ足を踏み入れることになりました。

ゴルフ歴は13歳からであり、20歳でプロデビューしたことを考えると、早く成長したほうです。
高村亜紀選手の素晴らしい点は、「日本国内戦歴において優勝を10回経験」していることが挙げられます。

毎年のように強敵が現れる中で、長い年月をかけて優勝をコンスタントに獲得することは難しいとされているのが女子ゴルフの特徴です。

そんな中で10回も国内で優勝するのですから、それだけ実力があることが証明されている訳です。

さらに生涯獲得賞金は4億円を超えており、1億を超えるゴルファーは一流と言われるなかで、4億という破格の金額を獲得していることからも、並外れた実力を持っているといえます。

賞金獲得ランキングでは、最高の4位を2000年に獲得しています。
その時は1年間で6,500万円も稼いだということですから、とにかく実力は折り紙つきということになります。

2014年のシーズンも戦っていますから、これでプロデビューしてから22年目ということにもなり、息の長い選手としても注目が集まっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ