1990年の年間賞金ランキング2位の高須愛子選手

高須愛子選手は、1998年~1991年の4年間は特に圧倒的な強さを誇っていました。
974年に第15期生として日本女子プロゴルフ協会に登録した後、1975年~2002年までの間の27年間プロゴルファーとして活躍します。
意外にもプロとしてのスタートは平凡なもので、1975年7月に初めて参加したトーナメント日本女子プロゴルフ選手権大会では予選落ち、10月の日本女子オープンゴルフ選手権競技大会では64位、5月のミズノプロ新人トーナメントでは19位でした。

その後もなかなか順位を上げることができませんでした。
初めて優勝争いを演じたのは、7年後の1982年でした。

10月に開催された山陽クイーンズゴルフトーナメントで初日に2アンダーで首位に立ちます。

2日目に2オーバーで6位に後退したものの、最終日は優勝者と大激闘を演じ、最終的には1打差及ばず敗れてしまいましたが、この年に9つのトーナメントを制し、このときの戦いは高須愛子選手の更なる成長に大きく貢献したのです。

1983年以降上位に顔を出す機会も増えていき、1986年6月のミズノオープンゴルフトーナメントで念願の初優勝に輝きました。
初日に首位と3打差の3位といい位置につけ、翌2日目には首位との差を1打差まで縮めて2位に上がります。

そして最終日に調子を崩した鈴木志保美選手を逆転し、2打差をつけての堂々の優勝でした。

その後は1998年までに優勝17回を記録しました。
シーズン4勝だった1990年には、1位におよそ6,000,000円及びませんでしたが、賞金ランキング2位と大活躍しました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ