マスターズGCレディースで健闘した髙崎奈央子選手

髙崎奈央子選手は日本女子ゴルフ専門学校を卒業後、2005年8月1日に77期生として日本女子プロゴルフ協会に入会しましたが、トーナメントに参加したのは入会前の2004年が最初で、トータルで30試合にも出場しています。
賞金ランキング対象のものでは11試合で予選を突破し、6月のサントリーレディスオープンゴルフトーナメントで21位、7月のスタンレーレディスゴルフトーナメントでの25位、8月のヨネックスレディスゴルフトーナメントで22位という成果を挙げました。

また、STEPUPトーナメントである徳島・月の宮レディースカップでは、初日に7バーディ2ボギーで67というスコアを出して首位に立ちます。
2日目に2オーバーでスコアを崩したものの、見事5位に入賞しました。

翌2005年には前年を上回る32試合に出場し、11試合で最終ラウンドに進みました。
特筆すべきは自己最高位である3位を記録した大会、10月に兵庫県三木市のマスターズゴルフ倶楽部で開催されたマスターズGCレディースです。

初日に2アンダーで6位のポジションにつけた髙崎奈央子選手は、他の上位の選手がスコアを崩したこともあって2日目をイーブンパーで手堅くまとめ、1位と2打差の2位に浮上します。

最終日、首位のポーラ・クリーマーとの差をひっくり返すことはできずに、3位で終了しました。
この年は他にも4試合で10位台をマークするなど、大活躍の年でした。

2006年以降の活躍が期待されましたが、2007年以降は特に成績が上がらず、2009年に一旦休止しました。

2012年から復帰して、STEPUPトーナメント中心に活躍しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ