瀬尾清美は継続は力なりを体現する女子プロ人生

近年は、瀬尾清美プロのレッスンを千葉県船橋市にあるサンランド船橋と、千葉県松戸市にある梨香台ゴルフガーデンにて受けることができます。
瀬尾氏がゴルフを始めたのは22歳の時でした。ゴルフ選手としてはかなり遅咲きのスタートとなります。
日本女子プロゴルフ協会に加入したのも1994年であり、この時点で瀬尾プロは33歳だったのです。

生まれたのは東京都江戸川区で、出身は都立水元高等学校となり、ゴルフを始める前は柔道やテニスといったさまざまなスポーツに取り組んでいました。

プロゴルファーを目指すと決めた日から、コースや練習場などでひたすら汗を流し、プロへの道を諦めずに進み続けました。
瀬尾プロの座右の銘は「継続は力なり」なのですが、それは長いアマチュアとしての時間が生み出したものといえます。

ゴルフを始めてから11年後の1994年、ようやくプロ選手として本格的な活動を始めます。
しかし大会ではどれも惨敗に終わり、厳しすぎるプロの洗礼を浴びることになりました。

メジャー大会でも予選落ちが続き、惜しくも上位に入賞することや、賞金を獲得する機会ことはできませんでした。
その後、ティーチングプロフェッショナル資格のA級ライセンスを取得し、ゴルフのレッスンプロとして舞台を移すことになります。

今は一般の生徒さんから、スクールで通うベテランまで幅広く人気を博しています。

どんな生徒さんにも「継続は力なり」と告げ、諦めずに練習することの大切さを教えています。
苦難にもめげずに挑戦し続ける瀬尾プロの指導を求めて、沢山の方がレッスンを求めて訪れていることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ