東鳩レディスゴルフトーナメントで15位の鈴木早苗選手

1958年5月14日静岡県富士市に生まれた鈴木早苗選手は、日本体育大学を卒業した後24歳でゴルフを始め、1990年11月1日に62期生として日本女子プロゴルフ協会に加盟しました。
生涯獲得賞金は3,824,083円で、最高順位は1994年に千葉県市原市のオークビレッヂゴルフクラブで開催された東鳩レディスゴルフトーナメントでの15位です。

プロ初年度は、新人ながら札幌ゴルフ倶楽部輪厚コースで開催された日本女子オープンゴルフ選手権競技大会で予選を突破するなどまずますのスタートを切りました。

1992年にも14試合に出場して4試合で予選を突破しています。
順位はヤクルトレディースと三菱電機レディスの35位が最高です。

1993年は出場がほとんどありませんでしたが、1994年には再び積極的にトーナメントに出場しました。

東鳩レディスでの15位を含めた6試合で予選を通過して翌年以降に期待を持たせましたが、1995年以降はSTEPUPトーナメントを中心に毎年数試合出場するだけでした。

2001年に大箱根カントリークラブで行われたジョージアカップを最後に大会に参加するのを止め、最終スコアは6オーバーではありましたが、STEPUPトーナメントながら自己最高順位の8位を記録して最後の試合を飾っています。

その後はティーチングプロフェッショナル資格A級ライセンスを活かしてレッスンを行っていましたが、2010年から2013年にかけてはレジェンズチャンピオンシップにも出場しました。

賞金ランキングは1994年の102位が自己最高順位です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ