ハワイ在住中にゴルフと出会った杉浦和美さん

杉浦和美さんは日本女子プロゴルフ協会所属のティーチングプロで、ティーチングプロフェッショナル資格のA級ライセンスを保持しています。
ゴルフを始めたのは25歳のときで、ハワイ居住中に友人意誘われて始めたのがきっかけですが、その後ゴルフ場に就職して研修生として4年間を過ごしました。
初めてクラブを握ったのは高校卒業後ですが、そのときは全く興味が湧かなかったとのことです。

静岡県静岡市出身の1967年8月9日生まれで、身長は165cm、体重は54kg、血液型はA型、静岡市立商業高等学校を卒業しています。

2006年にティーチングアシスタント資格、2010年にティーチングプロC級、そして2011年にティーチングプロB級の資格を取得、最終的に2013年1月1日にA級ライセンスを取得し日本女子プロゴルフ協会に加盟しました。

アシスタントからC級に昇格するには最低3年、C級からB級になるためには最低2年、そしてB級からA級になるには最低2年を要します。

杉浦和美さんのケースは2006年にティーチングアシスタント資格後、2013年のA級ライセンス取得まで、ほぼ最低必要年数で順調にステップアップしました。

普段は静岡県静岡市中田本町にある中田ゴルフガーデンや静岡県静岡市葵区薬師にある流通ジャンボゴルフにて、スクール形式及び個人レッスン形式でレッスンを行っていますが、他のゴルフ場にてラウンドレッスンを行うこともあります。

対象は一般男性、女性の他、キッズにも指導を行っています。
過去にトーナメントなどの大会参加経験はありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ