佐々木慶子は出産から復帰して期待されるママさんゴルファー

佐々木慶子は神奈川県川崎市出身の女子プロゴルファーで、1976年11月生まれのB型、札幌日本大学高等学校を卒業した後の1995年からゴルフを始めて、2002年に日本女子プロゴルフ協会の74期生としてプロデビューを果たします。
安定したフォームからのスムーズな弾道で、出入りの少ないスコアメイクが信条です。

デビュー年となった2002年の当初はあまり成績も良くありませんでしたが、11月に香川県で開かれた「大王製紙エリエールレディスオープン」で7アンダーの4位に入って、少しずつ実績を上げていきます。

2004年は29試合に出場をして、5月の「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」で4位タイ、福嶋晃子がぶっちぎりで優勝した7月の「シャトレーゼクイーンズカップ」では5位タイなどで好成績を収めました。

10月の「富士通レディース」では、優勝した服部道子にプレーオフで敗れて惜しくも2位となりますが、この年の獲得賞金総額は2,000万円近いものとなり、ランキングも25位まで一気に上げています。

その後も安定したキャリアを築いていましたが、結婚後の出産のため、2009年後半から2010年まで試合から遠ざかります。

2011年に復帰を果たし、この年の結果はあまり振るいませんでしたが、徐々に以前の試合勘を取り戻し、2013年にはステップアップツアーながら「カストロールレディース」で優勝するなど、ママさんゴルファーとしての活躍に期待が集まっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ