齊藤美香は美しくしなやかなスイングで躍進を目指す

齊藤美香は1979年に生まれた北海道札幌市出身のプロゴルファーで、血液型はA型です。
10歳の頃に父親である正輝氏の影響でゴルフを始め、高校ではゴルフ部に所属し、その後に、福祉の勉強とゴルフの文武両道を志して、東北福祉大学に進学しました。
2002年の日本女子プロゴルフ協会へ入会以来、2005年のベルーナレディースカップゴルフトーナメントで14位となったほかにも、毎年トーナメントツアーへの参加がありますが、決して成績が振るっているとはいえません。

2008年には日本女子オープンに出場して60位、翌年には日本女子プロ選手権にも出場する機会を得ましたが、64位という成績で、今後の躍進が期待されています。

齊藤美香の魅力は美しくしなやかなスイングですが、特にドライバーの扱いには定評があり、本人もドライバーが一番に得意とするクラブであると言っています。

ドライバーに限らず、アイアンのショットなどもバランスのとれた奇麗なフォームなので、初心者から中級者程度のアマチュアの選手にとっては良いお手本になるでしょう。

2013年に「家庭教師のアルファ」と専属契約を結び、札幌市を拠点として活動しています。
市内のエムアールゴルフセンターではレッスンのコースも持っており、生徒からは優しくて分かりやすい教え方だという評判です。

的確なアドバイスで飛距離を伸ばしたという声もセンターには多く寄せられていて、お手本となるフォームの美しさと合わせて支持を受けているようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ