現在は北海道でレッスンを中心に活動している、小泉裕子

小泉裕子は日本の女子プロゴルファーです。
所属はフリーとなっていて、1962年生まれの身長は158センチメートル、血液型はO型です。
東京家政大学を中退していて、日本女子プロゴルフ協会に入会して、プロとして活動を始めたのは1987年のことです。

スポーツは他に剣道をやっていて、三段をもっています。
生涯成績としては、デビューをした1988年位は、436,000円の賞金を獲得しています。

賞金ランキングは124位ということで、出だしとしてはまずまずの結果と言えたでしょうが、あとが続くことはなく、その後は獲得賞金自体なくなってしまいました。

トーナメントごとの成績でも、賞金を獲得した年のみが入賞しているのでその記録しかありません。

いすゞレディースカップトーナメントで38位タイと、東都自動車レディースプロゴルフトーナメントで55位が記録としてありますが、どちらもクルマに関連しているという偶然があります。

1992年にはステップアップツアーにも参戦していますが、そこでもあまり結果を残す事が出来ませんでした。
ただし賞金は獲得しているので、そこまで可能性がなかったわけではありません。

ティーチングプロフェッショナル資格A級をもっているので、現在はレッスンを中心に活動しています。
北海道のスクールを中心として、一般へのレッスンを行っています。

北海道で実際に活躍したプロから指導を受けられるということはあまりないので、気になった人はコンタクトをとってスクールに入るのもいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ