栗西鈴香プロは、ジュニアコーチのパイオニア

栗西鈴香選手はジュニアコーチのさきがけとして有名です。
1996年9月日本女子プロゴルフ協会(LPGA)に入会した68期生、あの不動裕理と同期です。
栗西氏は、プロテスト合格後ツアー参戦するもいまだ獲得賞金はありませんが、LPGA公認のティーチングプロライセンスA級を持ち、ティーチングのトップ選手として活躍しています。

LPGAが震災復興の一助として企画したふくしまゴルフフェスティバルで、ボランティアプロとしてゴルフレッスンに参加するなど、ゴルフを通して社会貢献をしています。

栗西鈴香選手の得意クラブは、6番アイアンで140~160ヤード程度のアプローチに自信があります。
ミドルアイアンで様々な球筋を打ち分ける技術は、コースマネージメントという観点からもとても心強い武器となります。

そんな栗西氏は、2012年LPGA初となる認定ジュニア指導者資格「LPGAジュニアゴルフコーチ」になり、ジュニアに特化したレッスンは大好評で人気があります。

このLPGAジュニアコーチは、子供向けの指導という観点のみならず、その子供の発育に応じた指導を行うスキルを習得したジュニア向けのティーチングプロとして、その活動によって日本のゴルフ界の底上げを図っているのです。

そんな栗西氏の教え子でもある福島県立富岡高校の比嘉怜羅さんは、2013年のダイキンオーキッドアマチュア選手権を勝ち抜きプロのダイキンオーキッドレディースに出場するなどの成績を残しています。

栗西鈴香は、地味ながらも後進、特にジュニアの指導を通してゴルフ界に大きく貢献しているプロの一人です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ