熊谷和子のレッスンは笑顔が絶えないと評判

熊谷和子は、日本女子プロゴルフ協会のティーチングプロフェッショナル資格A級ライセンス保有者です。
栃木県上都賀郡の出身で1958年2月の生まれといいますから、海外ではハル=サットン、国内では芹沢信雄プロの兄で熊谷氏と同じティーチングプロA級の芹沢名人が同い年ということになります。

同じLPGAの大先輩ゴルファーでゴルフ暦40年以上の高田徳子に鍛えられてティーチングプロとなりました。
熊谷氏は、LPGA会員ながらほとんどツアーでの成績はありません。

また、彼女が持つLPGAのティーチングプロA級とは、1988年にスタートしたティーチングプロ資格の認定制度でコーチングアシスタントからC級、B級と進み、最高位はA級という位置づけです。

このA級取得までは、最短でも受験からコーチングアシスタントで3年、ティーチングプロC級で1年、B級には2年と合計6年を要するシステムとなっています。

そうして年月をかけて獲得したライセンスを掲げ、熊谷氏はツアー選手とはまた違い、アベレージゴルファーを対象としたレッスンを行うティーチングゴルファーとして活躍中なのです。

熊谷氏は、現在九州福岡を拠点にレッスンに励んでおり、その包容力のある指導はいつも笑いの絶えない明るい人の輪を作り成果を挙げていると評判です。

強靭な足腰はまだまだ健在で、師匠ともいえる高田徳子らとともに多くのファンを持つカリスマ講師の一人として日本のゴルフ界を支える存在となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ