遅いデビューが災いしてか、なかなか成果が残せなかった国吉貴子

国吉貴子は日本の女子プロゴルファーで、南藤カントリークラブに所属しています。
ただし所属をしていると言ってもティーチングプロではなく、レッスンも行っていないので、ここに行けば彼女の指導が必ず受けられるというわけではありません。
1967年生まれで、沖縄県出身です。

身長は165センチメートルで血液型はO型です。
東京の青稜中学校・高等学校を卒業して日本女子プロゴルフ協会に入会したのは、1996年のことになります。

スポーツとしてはソフトボールをやっていて、ソフトボール出身の女子選手によくある飛ばし屋の素質を秘めており、得意クラブもドライバーとなっています。
ゴルフ自体は少し遅く、21歳の頃から始めています。

生涯成績としては、1997年に818,000円の賞金を獲得してデビューの年としてはまずまずの成績を残し、翌年も賞金を獲得しましたが、それほど躍進することも出来ず賞金ランキングは130位台を記録しています。

そしてその後は賞金を獲得できなくなってしまい、2001年を最後にツアーからは姿を消しています。

トーナメントごとの成績では、樋口久子・紀文クラシックの44位と那須小川レディスプロゴルフトーナメントの44位タイが最高位となっていて、50位前後の成績が最も多くなっています。

2002年にはツアーへの参加をするためにステップアップツアーにも参戦していましたが、そこでもいい結果を出すことは出来ずにツアーへの出場権を獲得するということは出来ませんでした。

ただし、ステップアップツアーで賞金は獲得しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ