成績が良くなってきてこれからが期待される、工藤公康の娘工藤遥加

工藤遥加は日本の女子プロゴルファーですが、彼女はデビューをする前から非常に注目を集めていました。
なぜならば、有名なプロ野球選手工藤公康の長女ですから、野球ファンのみならず、野球を知らない人でも知っているビッグネームの娘ということで、世間の関心は非常に高くなっていたのです。

また、ゴルフを始めたのは12歳の頃からですが、これは試合で家にいないことが多かった父親とコミュニケーションを取れればと、彼女自身が考えて始めたのがきっかけと言われています。

工藤選手自身も、野球以外にもゴルフが趣味であるということも影響しています。
そしてそのときに父親に負けたことが、より彼女のゴルフに対する熱を高めることになりました。

2010年の千葉国体では、ゴルフ女子の千葉県代表に選ばれるなどアマチュアの時代からその才能を発揮して、翌年に日本女子プロゴルフ協会に入会してプロとなりました。

デビュー戦では予選落ちをしてしまいましたが、LPGA新人戦 加賀電子カップでは優勝をしています。
最近は予選通過も多くなって、これから成績を伸ばしていくことが期待されている選手です。

2014年には賞金ランキングでも二桁に入って、かなりいい位置につけていることから、これから優勝争いにも加わってくるような選手へと成長する可能性を秘めています。

現在のところ公式ツアーでは、アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIの33位タイが最高位となっているということで、これから上位争いに加わってくると期待されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ