多くのトッププレーヤーを育てた、日本女子プロゴルフ協会副会長清元登子

清元登子は日本の女子プロゴルファーであり、さらに日本の女子プロゴルフ界を支えている、日本女子プロゴルフ協会の副会長でもあります。
彼女がプロに転向したのは35歳のときで、それまではアマチュアとして活躍をしていましたが、当時の女子ゴルフでは最強のアマチュアと呼ばれていました。
その証拠に、1968年に行われた第1回の日本女子オープンでは、ベストアマチュアとして賞賛されています。

さらにプロになったあとにもその快進撃は続いていて、優勝は7回を数えていますが、これ以上に当時は珍しかったアメリカのツアーに参戦しています。
さらに驚くべきことに、そこでは2位タイになるという驚異的な成績も残しています。

そして日本女子プロゴルフ協会の会長を務めていましたが、樋口久子が日本女子プロゴルフ協会会長に就任したことにより副会長に退くことになりました。

彼女の選手としての経歴は高く評価されていますが、彼女が今注目を集めているのは指導者としてで、彼女の元では一流の選手が育っています。

不動裕理、大山志保、古閑美保など今の女子ゴルフ界にはかかせないトッププレーヤーがここで育っていて、その指導を受けたい人はあとを絶ちません。

さらに彼女は教えた人たちにも非常に慕われていて、今でも女子ゴルフ界では大きな存在感があります。

また、彼女はやめるときを考えてゴルフをしなさいという独特な教えをしていたことで、普通の指導者とは一線を画しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ