木村成子は安定した成績を出すがトップにはなかなかなれなかった

木村成子は日本の女子プロゴルファーで、どこにも所属はしていないフリーの選手です。
1956年生まれで身長は163センチメートル、血液型はO型です。
PL学園高等学校の卒業生で、日本女子プロゴルフ協会に入会したのは1977年のことです。

生涯成績としては、コンスタントに賞金を獲得していくことが出来ており、賞金ランキングも50位後半からをキープしていく実力のある中堅のポジションにいます。

最高位は51位で、この賞金ランキングは3年連続でとっているおり、非常に安定した成績を出していますが、それ以上に成績を伸ばすことは出来ませんでした。

トーナメントごとの成績に関しては1986年に、東北クイーンズで2位タイをマークしていますがトップスリーに入ったのはこれが最初で最後になっています。

他には、ユニデンレディスジャパンで6位タイ、徳島月の宮レディスクラシックオープンで9位タイということで、なかなか上位に顔を出す試合は少なくなっています。

ただし、コンスタントに賞金を獲得できる順位には入っています。

ステップアップツアーでは優勝を経験していますから、優勝を狙う実力はありますし、そこから這い上がってくるバイタリティーも持っていますが、それが直接公式ツアーでは発揮できないという側面があります。

ティーチングプロフェッショナル資格A級も保有していますが、今は所属はなく決まった場所でレッスンをするということはありません。

ツアーで安定した成績を出していることから、その技術を学びたいのならば、レッスンを始めるのを待つしかありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ