木島洋子は日本女子プロゴルフ協会の1期生にしてレッスンプロとして活躍する

木島洋子は日本の女子プロゴルファーで、湘南衣笠ゴルフに所属をしています。
クラブはホンマとスポンサー契約を結んでいて、そこのアイテムを使用しています。
1943年生まれで身長は159センチメートル、血液型はA型です。
日本女子プロゴルフ協会に入会したのは1967年のことで、これは日本女子プロゴルフ協会の会員としては1期生に当たります。

また2013年にはそれを退会して、そして特別会員として迎えられることになっています。
日本女子プロゴルフ協会を支えて日本のゴルフの発展に寄与したとして、その功績がたたえられています。

ただし1期生の中ではそれほど活躍をすることが出来ず、デビューしてからしばらくは賞金を獲得することは出来ませんでした。
そしてやっと獲得できたのが1970年のことで、そのときの金額は7,000円でした。

1974年に111,666 円を獲得することが出来たのですが、それでも賞金ランキングとしては58位ということで、選手として名を馳せることはありませんでした。

トーナメントごとの主な成果としては、日本プロゴルフ女子部創立記念競技の14位タイが最高位ということで、往年の女子ゴルファーが好きな人にとっても、あまりなじみがない選手になっています。

しかしティーチングプロとしては有名で、日本女子プロゴルフ協会の1期生でありながら現役でレッスンが出来るということで、長年培ったその技術というのは定評があります。

また指導のための資格も保有しているので、レッスンプロとしては間違いなく良い指導者となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ