遅咲きが影響してか、あまり成績を残すことは出来なかった菊地祐江

菊地祐江は、飯能グリーンカントリークラブに所属している日本の女子プロゴルファーです。
埼玉県出身で1975年生まれ、身長は158センチメートルで血液型はO型です。
埼玉県立富山高等学校を卒業していて、日本女子プロゴルフ協会に入会したのは2007年のことです。
今のプロと比較すると非常に遅いデビューとなっていますが、ティーチングプロとしてではなく、選手としてツアーに参戦しています。

また、そのためゴルフ自体も始めたのは18歳の頃と遅咲きになっています。
ツアーには2007年と2008年に参戦をしていますが、デビューしたときは賞金を獲得することは出来ませんでした。

翌年は1,421,000円の賞金を獲得しています。

そのときのトーナメントの成績はクリスタルガイザーレディスゴルフトーナメント ゴールデンスペシャルでの26位タイが最高位となっていて、樋口久子IDC大塚家具レディス28位タイ、などが主な戦績です。

その後は、ステップアップツアーに参戦するなどしてツアーへの出場権獲得を目指していますが、それも上手くいくことなく、そこでも賞金を獲得することは出来ていませんでした。

現在はレッスンを行っていて、所属している飯能グリーンカントリークラブで個人に教えています。
ジュニアはやっておらず、一般だけということになっています。

また、もとはツアープロでしたので指導のための資格というものは保有していませんが、ツアーで実際に戦った選手から指導を受けられる、絶好の機会となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ