菊地あつ子は話題性は高かったが期待ほどの結果が残せなかった

菊地あつ子は、日本の女子プロゴルファーです。
1995年に日大を中退してまでプロになったということで、当時多いに注目を集めた選手です。
若くしてのデビューということで、今のジュニア世代台頭の先駆けにもなっています。
所属はフリーで1975年生まれの身長159センチメートル、血液型はO型です。

デビューしてからの成績としては、当時の注目度からいえばそれほど良くはありませんでした。
ランキングも常に三桁をキープして、賞金が取れなくなってしまうということはなかったとはいえ、期待ほどではありませんでした。

1997年に5,585,000 円の賞金を獲得したことが、最もいい成績です。
このときの賞金ランキングは83位で、これが最高位となっています。

トーナメントごとの成績に関しては、ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントで4位タイ、三越カップレディスオープンで6位タイ、中京テレビブリヂストンレディスオープンで9位タイとトップ争いを繰り広げる事もありましたが、常に上位に入るような実力ではありませんでした。

その注目度と反して、期待されるほどの結果は残せなかったということがありますが、話題性が高く非常に興味を持たれていたので、覚えている人も多くいます。

現在はツアープロは退いてしまっていて、レッスンなども行ってはいません。

また一番最近では2005年にステップアップツアーに多く参戦していましたが、そこでも結果は出すことは出来ずに終わっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ