現在はレッスンプロとなっている川上惠理は、現役時代の成績はふるわなかった

川上惠理は、日本の女子プロゴルファー選手です。
アコーディアゴルフに所属をしていて、ボールのみブリヂストンとスポンサー契約を結んでいます。
東京都出身の1964年生まれで、身長は159センチメートル、血液型はA型です。

日本女子プロゴルフ協会に入会してプロとして活動を始めたのは1997年のことで、現在の若手の選手と比べるとやや遅いデビューということになっています。

趣味はTUBEが好きなようでそのコンサートに行くことと、また日本の伝統的な落語を鑑賞することが好きです。
生涯成績としては、デビューしてからまったく振るわず賞金を獲得できない苦難が続いています。

1998年からずっと賞金を獲得できていませんでしたが、2007年に賞金を獲得します。
額としては228,000円と大したことはないのですが、これが唯一の獲得賞金があった年です。

またそのときは、所属をしているアコーディアゴルフ レディスで52位という成績を残していて、これが生涯で最も成績が良かったトーナメントになっています。

現在はもう公式には試合に出るということはなく、レジェンズに出ているくらいです。
成績的にも上位に行くことはなかったので、中継などでその姿を見ることはなかったでしょう。

しかし、ティーチングプロフェッショナル資格A級を保有していて、今はレッスンプロとなっています。

実際に、ツアーで戦った人に教えてもらうことが出来る機会となっています。
所属のアコーディアゴルフや、その他の場所でもレッスンを行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ