ホールインワン達成回数の多い、中堅プロ亀井由美子

亀井由美子は日本の女子プロゴルファーで、1954年生まれです。
オフィース・サイキに所属をしていて、身長は165センチメートル、血液型はAB型です。
広島県の高等学校を卒業して日本女子プロゴルフ協会に入会したのは、1978年のことです。

特筆すべきはホールインワンの達成回数で、驚くべきことに13回も達成しており、実力はもちろんですが運が強いと言うことが言えます。

生涯成績はコンスタントに賞金を獲得していっていますが、賞金ランキングは80位くらいですのでそれなりの健闘をしたと言えますが、それでも実力的にはちょっともったいないです。

ただし1984年に3,340,138円を獲得していって、55位という記録を残しています。
トーナメントごとの成績については、三菱電機ファンタスレディスゴルフで3位タイという結果を最高としています。

徳島月の宮レディスクラシックオープンは相性がよく、トップテンを二回もとっています。
前述のようにホールインワンがかなり多いのですが、それを活かすことが出来ずに成績には向けることが出来ませんでした。

対象外のトーナメントでは優勝をした事もあります。

またレッスン情報はLPGAの公式ホームページには載っていませんが、ティーチングプロフェッショナル資格A級を持っていますから、指導することも期待できます。

得意クラブはパターということで、グリーンショットでの繊細なパットに関しては得意としています。
また、1996年のステップアップツアーを最後にトーナメントには出場していません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ