低迷が続き獲得賞金がいまだない、美人プロゴルファー金子未来

金子未来は日本の女子プロゴルファーで、1983年生まれです。
クラブやウェアなどは、すべてダンロップとスポンサー契約を結んでいます。
また、ひととのやカントリークラブに所属をしています。
日本大学を中退していて、日本女子プロゴルフ協会に入会したのは2008年のことで、ゴルフ自体は13歳から始めています。

そしてデビューしてからは、まずそのルックスが注目を浴びて、美人プロゴルファーとしての知名度を上げました。

個人的に応援をする人もいるくらいのルックスですが成績の方は良くなく、獲得賞金はないというのが現状です。

LPGAのオールタイムレコードにおいても獲得賞金に関する記載はなく、トーナメントごとの成績においても入賞圏内になっているものがなく、表示されることはありません。

現在は、ステップアップツアーから本戦への復帰を目指すということになっていますが、そこで上位に入ることがなかなか出来ず、さらにはステップアップツアーでも賞金を獲得していくことには至っていません。

美人ゴルファーとして、注目度は非常に高いのがプレッシャーになってしまっている可能性が高く、ステップアップツアーからの上位入賞によって本戦へと戻ってくるチャンスはこの辺りにあります。

ただし、ステップアップツアーは優勝を飾るくらいの成績でなければ、本戦への復帰はないので、まずはそこで賞金を積み重ねていくことが大切です。
また、本人を見たければ予選会からの観戦が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ