父がコーチをする小貫衣織は、成績が出せないで伸び悩む

小貫衣織は日本の女子プロゴルファーで、1983年生まれです。
埼玉県出身で、日本女子プロゴルフ協会に入会したのは2008年のことです。
ゴルフは13歳から始めていて、英才教育を受けています。
また師弟関係としては父親がいますので、彼から教わっているというのは大きなアドバンテージでしょう。

もちろん逆にそれがプレッシャーを伴っていますが、指導する人間が近くにいるというのはメリットです。

しかし、デビューしてからの成績はあまり良くなく、賞金を獲得したという痕跡はLPGAの公式ホームページからは見ることが出来ず、賞金ランキングではまったく良いところがありません。

父親がコーチをしている女子ゴルファーというのは有名な人もいることから、この点から注目を集めてしまったということが、余分なプレッシャーになってしまったかもしれません。

主なトーナメントの成績ですが、これも特筆すべき結果はなく、すべてが予選落ちということになっていて、LPGAの公式ホームページには一切の記載がありません。

現在はステップアップツアーからの本戦への復帰を目指していますが、それも叶わず上位に入賞することはなく、下位に沈んでいます。

QTランキングもかなり下位になっているので本戦への復帰はやや絶望的な状況と言えますが、これからの復活にどうやってするのかという点は気になるところでしょう。

レッスンは現在行っていませんが、資格を取ってレッスンへ主軸を変えるかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ