ブラインドゴルフ普及にも積極参加するトッププロ、岡田美智子

岡田美智子は日本の女子ゴルファーで、1945年生まれで福島県いわき市出身です。
いわき市平ドレメ洋裁学院を中退しているという、変わった経歴を持っています。
日本女子プロゴルフ協会に入ってプロとして活躍を始めたのは1967年のことで、ゴルフ自体は18歳のときから始めていました。
生涯成績は実に華々しく、優勝を何度も経験しています。

さらに、現在までの生涯獲得賞金総額も51位というランキングで、往年の名選手ということが言えます。
賞金ランキングも年間を通じて2位にまで上り詰めた事もあって、一桁のランキングに入ることも少なくなく、トッププレーヤーの一人です。

大王製紙エリエール女子オープンゴルフトーナメント、廣済堂アサヒゴルフカップ、三菱電機ファンタスレディスゴルフなど、勝利したトーナメントは国内だけで10回もあります。

さらに未公認ながらも、海外のトーナメントで優勝した経験もある、日本を代表する女子ゴルファーです。
さらにJBGA契約トーナメントプロとなっていて、視覚障害者に対してゴルフの普及していく運動にも積極的に取り組んでいます。

華々しい成績を持ちながらも、こういった活動を通じてゴルフの魅力をあらゆる人へ伝えていくことにも積極的に活動する、アスリートとしても、そしてゴルファーとしても有名な人です。

現在はレジェンズなどに出場して、ファンはその試合でプレーを見ることが出来ます。
また、シューズ以外はダンロップとスポンサー契約を結んでいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ