遅咲きながらティーチングプロとなった、大塚麻子

大塚麻子は日本の女子プロゴルファーです。
ただし選手として活躍することはありませんでした。
彼女はレッスンのプロであって、選手で賞金を獲得していくということはしていません。
また、ティーチングプロフェッショナル資格A級を保有していますから、かなり的確な指導が期待できます。

1979年生まれの彼女は、千葉県で生まれました。
日本女子プロゴルフ協会に入会したのは2012年のことで、かなり遅くなってからプロになったことになります。

もちろん選手としては年齢的にはキツいかもしれませんが、ティーチングプロですからそれも問題とはなりません。
またゴルフ以外にも、テニスや乗馬、剣道などをたしなんでいるので、スポーツ関連は得意としています。

だからこそ、年齢的にはかなり遅れていたとしても、問題なくプロになれたのでしょう。
レッスンはサンゴルフプラザで行っていて、一般の人を対象にしています。

ジュニアは行っていないのでその点は少し残念ですが、所属しているサンゴルフプラザの方針によります。
また、スクールはもちろんですが、個人でも指導してもらうことが出来ますから、気になっている人はしっかりと教えてもらうことが出来ます。

また資格も保有していますので、的確なスイングやゴルフ理論なども詳細に教えてもらうことも出来ます。

スクールでのレッスンに満足できなかったら、個人でも彼女のようなティーチングプロに教えてもらうことが出来るメリットがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ