遅咲きながらも大活躍を見せた、運動のプロフェッショナル大金寿子

大金寿子は、日本の女子プロゴルファーです。
茨城県出身で、1963年11月5日に生まれました。
東京女子体育短期大学を出ており、体育、そして運動についてはプロフェッショナルで、その知識を活かしてゴルフもしています。
ゴルフ自体を始めたのは大学を卒業してからのことで、23歳から始めています。

日本女子プロゴルフ協会に入会してプロになったのは1994年9月1日のことで、ツアープロとして最初から勝利を挙げていこうとは思っていなかったようです。

しかし、それでもティーチングプロ一本でいくことはなく、参戦もしています。
そして、かなり遅咲きながらも好成績を残しているということが特徴的です。

デビューしてからしばらくは、うまくリズムに乗れないようで、ランキングは三桁になっていましたが、1998年から爆発的な快挙を見せます。
その年は、16,485,333円の賞金を獲得して、賞金ランキングは45位とかなりの好成績を修めています。

そして翌年からは、同じようなランキングをキープして、遅咲きの選手としては異例の大活躍を見せました。
ただし、正式なLPAの本戦での優勝経験はなく、ヴァーナルオープンでの2位が最高位です。

ですが、レジェンズではLPGAレジェンズチャンピオンシップ supported by エリエールで優勝をしています。

現在はレッスンに精力的に取り組んでいますので、確かな実績を持ったプロに教えてもらいたい人は、LPGAの公式ホームページなどから調べてみてください。

個人でもスクールでもレッスンは可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ