宇津山浩子選手はティーチングプロフェッショナル資格A級を持っている

宇津山浩子選手は1975年生まれ、静岡県出身の女子プロゴルファーです。
バスケットボールを過去に経験しており、静岡県西遠女子学園高等学校に所属していた17歳の時からゴルフを始めました。
後に尾崎直道選手に師事しています。
静岡県西遠女子学園高等学校卒業後は、ゴルフの道に進むこととなりました。

2002年には、アジアサーキット主催の「廣済堂レディース アジアゴルフサーキット インドネシア女子オープン」に出場しており、30位という成績を残しています。

しかし、国内の公式大会やプロテストには姿を見せることは無く、国内でのツアーの実績はありません。
後に日本女子プロゴルフ協会の会員となっていますが、登録された正確な時期は不明です。

ティーチングプロとしての登録であり、ツアーに参加することは今後も無いでしょう。
2009年の時点で既にプロであったという情報があるので、日本女子プロゴルフ協会に登録されたのはそれ以前となります。

同協会が定めている中で最も取得するのが難しい、ティーチングプロフェッショナル資格A級を所有しており、確かなレッスン技術があると認められている選手です。

宇津山浩子選手がどこでレッスンを行っているのかは不明です。

株式会社ヴィクトリアに所属しており、ヴィクトリアゴルフ聖蹟桜ヶ丘で講師を担当していたという情報がありますが、このスクールは2013年に閉校されました。

そのため、その後の宇津山浩子選手の動向は分かりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ