2007年に5勝を記録し賞金王に輝いた上田桃子選手

フリーで活動を行っており、2005年に77期生としてプロ入りしたプロゴルファーが上田桃子選手です。
1986年生まれの熊本県出身であり、10歳の時からゴルフを始め、坂田ジュニアゴルフ塾に所属していました。
中学、高校時代から大会で活躍しており、東海大学付属第二高等学校卒業後はティーチングプロとして有名な江連忠選手の教えを受けるために、兵庫県に拠点を移します。

アマチュア時代から注目を集める中、2005年にはプロテストに合格しました。

同年のマンシングウェアレディース東海クラシックでレギュラーツアーデビューを果たし、ツアー対象外のLPGA新人戦加賀電子カップで優勝しています。
2006年には年間を通して上位に食い込み、賞金ランキングで13位を記録し、早くもシード権を獲得しました。

2007年のライフカードレディスでツアー初勝利を上げると、この年にはリゾートトラストレディス、スタンレーレディス、ミズノクラシック、大王製紙エリエールレディスで優勝して計5勝を達成、賞金王に輝いています。

2008年以降はアメリカと日本の両方でトーナメントに参加するという形で活動を続けており、2008年には国内で2勝、2009年に国内で1勝を上げました。

2011年には再びミズノクラシックで勝利しているものの、翌年の2012年には2006年よりキープしていた国内のシード権を喪失しています。

2013年には賞金ランキングで48位を記録し、辛うじてシード権を獲得しており、2011年以降以来の優勝はあるのか、今後の成績に注目が集まる選手です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ