今井かおり選手は1990年代に多くの大会に出場した女子プロゴルファー

1988年に57期生としてプロ入りした女子プロゴルファーが、今井かおり選手です。
1964年生まれ、神奈川県出身であり、ゴルフ以外にバスケットボールを経験しています。
神奈川県立野庭高等学校を卒業後の21歳の時にゴルフを始め、後にジョー・ティール選手に師事していました。
1988年のプロテストに合格すると、プロとして活動を開始し、同年の伊藤園レディスでツアーデビューを果たしましたが、この年は全ての大会で予選落ちし、賞金は獲得していません。

1989年はツアー対象外のミズノプロ新人で6位タイという記録を残しましたが、レギュラーツアーでは全て予選落ちに終わっており、この年も賞金は獲得出来ませんでした。

1990年はあまり多くの試合に出場していませんが、東都自動車レディースで40位タイ、フジサンケイレディスで25位タイを記録し、レギュラーツアー初の賞金を獲得しています。

1991年は多くの大会に参戦し廣済堂アサヒゴルフカップで12位タイを記録するものの、予選落ちが多めであり安定はしませんでした。

1992年は予選落ちが多く、1993年は出場した試合では好成績を残すものの、あまり出場の機会に恵まれないというシーズンを送ります。

1994年は久しぶりに多くのレギュラーツアーに出場し、エス・シー・レディスで18位タイを記録すると、1995年にも多くの試合に出場し、飛び抜けた好成績は無いものの、賞金ランキングでは自己最高の103位を記録しました。

1996年以降は成績が奮わず、2000年を最後にレギュラーツアーには出場していません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ