伊藤礼選手は1980年代にプロトーナメント最高2位を記録

伊藤礼選手は1951年生まれ、岩手県出身の女子プロゴルファーです。
東京女子体育大学卒業という経歴を持っており、ゴルフを始めたのは22歳の時と、やや遅めとなっています。
後に、多くのトッププロを育てたことで知られている棚網良平選手に弟子入りしました。
1977年に、23期生としてプロ入りを果たします。
同年には、ツアー対象外のミズノプロ新人に出場しました。

1978年の日本女子プロ選手権でツアーデビューを果たしますが予選落ちで終わり、この年は以降の全ての大会でも全て予選落ちを記録し、賞金の獲得には至っていません。

1979年の美津濃トーナメントで7位タイという好記録を残すと、1980年には多数の大会に出場し、富士レディスクラシックで10位タイ、ヤクルトミルミルレディースで単独11位につける活躍を見せ、1980年の賞金ランキングは29位です。

1981年にも富士レディスクラシックの6位タイを始め、多くの大会で賞金を獲得し、同年の賞金ランキングは33位となっています。

1983年には徳島月の宮レディスで単独2位を記録し、始めて優勝争いを演じ、1984年にもいすゞレディースで3位タイの好成績を残しましたが、優勝には届きませんでした。

1980年代には安定して活躍を見せましたが、1991年以降は予選落ちの方が多くなり、2000年を最後にプロトーナメントには参戦していません。

競技大会で活躍した選手ですが、ティーチングプロフェッショナル資格A級を持っており、指導の面でも優れています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ