ビーチバレーから転向した異色のアスリート石坂有紀子

石坂有紀子は変わった経歴を持つアスリートで、神奈川県出身のスポーツ選手ですが、インストラクターとして活躍もしています。
ゴルフだけではなく、数多くのスポーツ競技歴を誇る日本屈指のマルチアスリートとして活躍を続けています。
また、有限会社サウスウインズの代表取締役社長です。
中学時代はバレーボールで県大会優勝という実績を持っていて、高校時代ではそのバレーボールではなく、陸上競技をやっていました。

また、槍投げではインターハイ出場もしました。
その後は、サウスウインズを設立しエアロビクス・水泳などのインストラクターなどもしています。

経歴的に華々しいのは、アトランタオリンピック日本代表となったビーチバレーで、これでメディアへの露出も高くなったことから一躍脚光を浴びるようになりました。

またシドニーオリンピックにも出場をするなど、確固たる地位を確立しています。
そして、ワールドシリーズでは準優勝で日本人初のメダルを獲得するなどの偉業も達成しました。

2001年にゴルフに転向し、アマチュアのトーナメントでは初出場にして初優勝と言う実績も持っています。

現在はLPGAツアーへの出場という目標を掲げ、さまざまなトーナメントに出場をしていて、国内ツアーではなく、今は海外の試合などに出場をしています。

また、『ユキの肉体改造計画』という著書も出していて、スポーツを通じてエクササイズ関連の活動も行っており、マルチにスポーツに関わる選手です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ