中堅選手として活躍した石川三栄子は、現在はレッスンを中心に活動中

石川三栄子は、日本の女子プロゴルファーです。
1954年2月15日生まれで、神奈川県の川崎市立高津高等学校を卒業しています。
日本女子プロゴルフ協会に入会したのは1977年2月1日のことで、これは23期生に当たります。

生涯戦績としては、50位前後を推移していて、それなりの戦績を確保しており、獲得賞金総額も多いときには、3,278,333円を記録するなど、好成績をキープしていますが女王争いに顔を出すということはあまりありませんでした。

最高位は1982年の37位となっています。
そのときの獲得賞金総額は3,042,582円です。

そして生涯獲得賞金総額は31,442,198円となっていますが、これは全体の成績で見ると280位となっていて、結果が残っています。

個別の大会の成績では優勝こそないものの、1984年には美津濃ゴルフトーナメントで2位タイの好成績を収め、その他紀文レディースクラシック、ミズノオープンゴルフトーナメントでは5位となっています。

また優勝自体は公式な記録としては対象外ですが、TDKプロアマゴルフでは経験もしています。
またLPGAロッテか最高では実際に指導を受けることが出来て、初心者の人から上級者までその人に合わせた指導が受けられます。

ティーチングプロフェッショナル資格A級も保有していて、個人からスクールで受けるということも可能になっているので、LPGAで実際に戦っていたプロからの的確なレッスンが期待できます。

また上記の場所以外でも、メトログリーン東陽町でもレッスンを行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ