優勝を惜しくものがした、女子ゴルフ黎明期を支えたゴルファー石井美和子

石井美和子は日本の女子ゴルファーで、1948年12月9日に宮城県で生まれました。
生年月日から分かるように日本女子プロの黎明期を支えた、今の基礎を作った選手の一人でもあります。
日本女子プロゴルフ協会に入会したのは、1968年7月1日のことで2期生に当たります。

ゴルフ歴は17歳の頃からということなので、始めて間もなくプロに転向したことになります。
最もその頃は女子のゴルフ人口自体は少なかったとはいえ、それでもやはり才能の成せる技であったということが言えます。

生涯成績としては目立ったものはなかったのですが、優勝こそはないものの美津濃ゴルフトーナメント、日本女子プロゴルフ九州大会では2位の成績を残していて、東京チャリティクラシック、日本女子プロゴルフ選手権大会では3位の成績を出していますので、黎明期の女子ゴルフ界を知っている人にとっては、表彰台で見た記憶がある人もいるかもしれません。

ただし優勝することはなかったので、2番手に甘んじた感があり逆にそれが印象深いという人も多いでしょう。

総合のランキングとしてはそれほどよくはなく、ピンポイントで時にはいい成績を残しながらも、全体的にはそれほど伸びなかった選手です。

今は神奈川でレッスンを行っているので、レジェンドからレッスンを受けたい人にとっては、またとない機会です。

ジュニア育成はやっておらず、一般のみの個人レッスンとなっていて、1対1でじっくり指導を受けることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ