池田ヨツ子は、日本女子プロゴルフ協会の黎明期を支えた往年のプロ

池田ヨツ子は、1943年8月14日生まれのプロゴルファーで、女子ゴルフの黎明期を支えた選手でした。
日本女子プロゴルフ協会に入会したのは、1967年11月1日となっていて、これは1期生に当たり、プロゴルフ協会を支えてきた、今までの女子ゴルフ界の華々しい成果の基礎を作った選手ということがいえます。

20歳の頃からゴルフを始め、すぐにプロを志して入会をしました。
生涯戦績としては、1968年に25,000円の獲得賞金を得てから、1976年まで賞金を獲得し続けました。

さらに、1968年には8位の成績を残していることから、一桁の成績を取るトップ選手でもありました。
ただし最高位はこの年で、1970年の9位がそれに続きます。

トーナメントごとの成績では、1970年には日本女子プロゴルフ選手権大会で5位タイの成績を残していて、さらに1968年には日本女子オープンゴルフ選手権競技で6位タイの成績になっています。

まさに、日本のプロ女子プロゴルファーの礎を作った、女子であっても熱い戦いをくりひろげられるということを示した黎明期を支えたトッププレーヤーです。

1981年からは戦績がほとんどなく、ツアーやステップアップツアーに参戦することはなくなっています。
さらに現在は、レッスンなども行っていないことから直接指導を受けるということもできません。

現役当時の得意クラブは、ショートアイアンで刻んでいくというスタイルを得意としていました。
現在は夫と子供が1人いて、趣味の成果やスポーツ観戦を楽しんでいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ