現在はティーチングプロとして活躍する往年のゴルファー、池田京子

池田京子は、1952年生まれの女子プロゴルファーです。
1983年に、43期生として日本女子プロゴルフ協会に入会しました。
最終学歴は少し変わっていて、あまりゴルフとは関係がない、神奈川県の国立横浜病院附属高等看護学院となっています。
趣味はショッピングで、スポーツはゴルフ以外にはテニスを嗜んでいます。

生涯戦績として、1986年には伊藤園レディスゴルフトーナメントで23位タイ、1989年の週刊女性・JUNON女子オープンで39位タイ、1989年の那須小川レディスプロゴルフトーナメントで40位タイとなっています。

最高位は前述の伊藤園レディスゴルフトーナメントです。
また1984年に154,000円の賞金を獲得してからは、1989年までずっと賞金獲得をしていっています。

ただし、全体の順位としては100位をきったことはなく、最高位は1985年の109位で、その年の獲得賞金総額は329,250円となっています。
しかし、年間の獲得賞金が最も高かったのはこの年ではなく、1989年の825,250円です。

これは大会の賞金が年によって変わってくることがあり、とくに黎明期であったことから、変動があったためです。
現在はトーナメントに出場することはなく、レッスンを中心として活動をしています。

東京都内で直接指導を受けることもできますが、場所によってはスクールのみや個人指導のみとばらつきがありますから、自分が受けたいレッスンにあっている方を調べて選んでください。

またティーチングプロフェッショナル資格A級をもっているので、本格的な指導を受けることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ