有田由香選手は2000年代にツアーで活躍し、レッスンプロとしても活動

有田由香選手はツアープロとし10年以上活躍していましたが、2010年以降はトーナメントにほとんど出場していません。
ティーチングプロフェッショナル資格B級を持っているレッスンプロで、神奈川県の練習場、ハンズゴルフクラブに所属のレッスンプロとしても活躍しています。
北海道出身の女子プロゴルファーで、とわの森三愛高等学校卒業後、19歳の時からゴルフを始め、原要吉氏に師事しました。

1997年にプロテストに合格し、同年には、JLPGA新人戦加賀電子カップとステップアップツアーの穴吹工務店カップに出場しました。
翌年の廣済堂レディスゴルフカップで、レギュラーツアーデビューを果たします。

レギュラーツアーの出場はこの一試合だけでしたが、51位タイで賞金を獲得しました。
さらに次の年にはステップアップツアーを中心に活躍するものの、レギュラーツアーでは活躍出来ずに終わります。

2000年代に入ると、廣済堂レディスゴルフカップで賞金を獲得しましたが、他は予選落ちだったり、年によっては多くのレギュラーツアーに出場し、ヨネックスレディスで10位タイという記録を残したりと成績に波がありました。

初めて賞金ランキングで二桁順位を記録したのもこの頃で、成績は前年と比べて劣っていますが2試合で19位タイにつけます。

中盤の3年ほどは、レギュラーツアーでの獲得賞金がゼロと厳しいシーズンを送りましたが、2007年には復活の兆しをみせ、マンシングウェアレディース東海クラシックで12位を記録し、他にも多くの大会で賞金を獲得しています。

この年の賞金ランキングは84位であり、自身の最高記録を塗り替えました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ