新井孝子選手はティーチングプロと会社代表の顔を持つ選手

新井孝子選手は1970年生まれ、千葉県出身の女子プロゴルファーです。
水泳の経験がありますが、ゴルフを始めたのは27歳の時であり、かなり遅めとなっています。
ゴルフブームに乗る形でクラブを握るようになりました。
北山孝子選手、長谷川哲也氏に師事しています。

文京女子短期大学英文科卒業の経歴を持ち、2011年に日本女子プロゴルフ協会の会員になりました。
ティーチングプロフェッショナル資格A級の資格を持っているレッスンプロであり、ツアーには一切参加していません。

ゴルフスクールを業務として行っているパルラマバウレ株式会社の代表でもあり、新井孝子選手自身もレッスンを行っています。

千葉県大網白里市にあり、ショートコースを備えている練習場、大網グリーンゴルフでは木曜日の午前中にチケットを使って受講することが可能です。

千葉県いすみ市にある練習場、宝ゴルフ大原でもレッスンを受けることが出来ます。
個人レッスンがメインとなっていますが、スクール形式でのレッスン、ラウンドレッスンも行っており、様々な形に対応しているのが特徴です。

パルラマバウレ株式会社は千葉県木更津市にある練習場、シーサイド木更津でもスクールを開いていました。
しかしシーサイド木更津の公式サイトにはパルラマバウレの名前はなく、その後スクールがどうなったのか不明です。

また千葉県を中心にスクールの運営を行っている「株式会社DEPARTURE GOLF」にも所属しており、コーチ陣の一人として名前が掲載されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ