ゴルフを始めたのは遅めであり、レッスンプロとして活動する阿部由美子選手

女子プロゴルファーの阿部由美子選手は、高校時代まで軟式テニスを行っていたという経歴を持っていて、ゴルフとは無縁でした。
兵庫県立福崎高等学校を卒業後はOLとして働いていましたが、25歳からゴルフを始めていますが、小学生から始めるプロが多い中、遅めの開始といえるでしょう。
27歳の時には、当時のウォーターヒルズゴルフ倶楽部で研修生になり、岡本明重選手に習いました。
ゴルフを始めてから約10年後の2010年にプロテストに合格しました。

日本女子プロゴルフ協会の会員ですが、ツアープロではなく、ティーチングプロとして登録されており、ツアーに参戦したという記録はありません。
ティーチングプロフェッショナル資格A級を取得していおり、レッスン專門の選手として活躍しています。

ティーチングプロフェッショナル資格A級を取得したのは2008年であり、プロテストに合格するより前にレッスンの資格を得ていました。

兵庫県加古川市の練習場、アコーディア・ガーデン加古川に所属して様々なレベルの方にレッスンを行っています。

得意クラブはパターであり、パッティングに自信のない方に向いているインストラクターです。

また、阿部選手はゴルフの楽しさを伝えることを目標として掲げており、実力を上げるのはもちろんのこと、一緒に回る方が楽しめるようなプレーヤーを育てています。

クラブを握ったのは遅めという経歴を持っているので、高いレベルを目指す方から初心者の方まで幅広いプレーヤーにアドバイスを行える選手です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ