浅野彰子選手は長期間にわたってツアーに参戦し続けたゴルファー

浅野彰子選手は1975年生まれ、岐阜県出身の女子プロゴルファーです。
空手をやっていたという経歴を持ち、15歳の時からゴルフを始めました。
済美女子高等学校に進学しますが、後に中退し、1994年にプロテストに合格しました。
アメリカの伝説的女子プロである、キャシー・ウィットワース選手に師事しています。

同年の雪印レディース東海クラシックで、レギュラーツアーデビューを果たしました。
デビュー戦でいきなり賞金を獲得する好成績を残します。

1995年には多くのレギュラーツアーに参戦し、予選落ちが多めではあったものの、東洋水産レディス北海道では12位タイという成績を記録しています。

1996年以降3年程は特に活躍した時期であり、多くの大会で賞金を獲得しました。
ダンロップツインレイクスレディスで11位タイ、翌年、フジサンケイレディスで11位タイという成績を残しています。

1999年には賞金ランキングで過去最高の74位を記録しました。

しかし、2000年には成績が下降しはじめ、アピタ・サークルK・サンクスレディスで9位タイと過去最高の順位を記録し、立て直すものの、翌年以降は低調なシーズンが続きました。

レギュラーツアーに出場する機会も減り、出場した場合も予選落ちで終わることが多くなります。

それでも長く現役でツアーに参戦していましたが、2012年にレギュラー、ステップアップの両ツアーで3試合に出場したのを最後に、公式大会には出場していません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ