秋山琴美選手は1990年代後半から2000年代前半に活躍したゴルファー

秋山琴美選手は、長野県出身の女子プロゴルファーです。
16歳の時からゴルフを始めており、長野県立美須々ケ丘高等学校卒業を経て、1994年のプロテストに合格しました。
同年の富士通レディースでツアーデビューを果たしますが、この時は予選落ちに終わっています。
ステップアップツアーを中心に参戦しており、レギュラーツアーにはあまり出場していません。

1997年には、ステップアップツアーのRNCレディースハリマカップで2位タイを記録しました。
翌年にはサントリーレディスで7位、リゾートトラストレディスと雪印レディース東海クラシックで14位を記録し、賞金ランキングで68位と過去最高を達成します。

1999年に雪印レディース東海クラシックで11位タイという成績を残し、賞金ランキングで75位でしたが、2000年にはレギュラーツアーの殆どで予選落ちに終わり、デビューした1994年を除けば二番目に稼げなかったシーズンとなりました。

プロ7年目の年はやや予選落ちの割合が減り、復調の兆しは見せるものの奮わなかったシーズンです。

2002年にはヨネックスレディスで12位タイ、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで8位タイを記録し、賞金ランキング75位と持ち直します。

その翌年もNEC軽井沢72ゴルフで12位タイと好成績を残しましたが、再び成績が奮わなくなってしまいました。

レギュラーツアーでは予選落ちが多く、この年を最後に出場していません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ